幸せになってくれよナ。

2011.03.27(Sun)

今日から通常モードに戻ります、おっくです(゚∀゚+)

震災から2週間経ちましたが、相変わらずの被災地、止まらない余震。
こんな調子ですから、連日の地震報道を受けて暗い気持ちになってしまう人たちが
沢山いるんだそうです。病気の一種みたいです。
やっと電気も戻ってきて、気分転換におっくねっと。に遊びに来ているのに、
ここでも地震だ何だって言ったらいつまでも明るくなれないですよね。

みじゅ「これでオレの株急上昇ペンギンざまぁ」

という訳で、
今日からいつも通りゆるーい記事書いてくことにしました。
タダの1アホ毛の日常ですが、少しでも皆様の元気の源になれればと思います(゙∀゙+)

※ただし相変わらず節電モードなので、ごんねこ、Flash(匿名質問・無目)、
 フィオネの交換は中止しています。もうちょっと待ってくださいorz



さて。皆様は覚えているでしょうか。
去年の5月9日の記事。こんな事を言っていたのを。

GWですが、大きく3つの出来事がありました。
そのうち1つはまだ内緒です。来年の春になったら分かります、ふふふ。

これこれ。
これのネタ晴らしをする時がとうとうやってきました。




今月、姉貴が結婚しました(゚∀゚+)

GWは正式に結納を行って、お互いの家族の顔合わせをやっていたのです。
へっへっへ。実に半年間ナイショにしておりましたよ。
という訳で、これを機会に私の兄になるお方についてご紹介します。
(写真は結婚式場でとったものです。)

高級料理うめーうめー。滅多に食べられないですからモトとっとかないと。

彼と姉の出会いについては、正確には分かりません。
姉は自分の事を内緒にしたがる人なので、影でらぶらぶしてたんでしょう。リア充め!!
お互いにオタクでガンダム好きって事で、すぐ友達になったみたいです。
我が家と彼が初めて会った時は、まだ父さんが生きている時でした。

お付き合いの了解をとるべく父さんの病室へ挨拶に来たのが始まりでした。
この頃はまだ父さんも元気だったので、皆で揃って外食へ(゚∀゚+)
緊張でカチンコチンに固まりながらも、人見知りしない懐っこい笑顔が印象的で、
すんなりと我が家と打ち解けたのでありました。



それからというもの彼は毎週のように我が家に遊びに来ては、
花火を見に行ったり、一緒に食事に行ったり、日帰り旅行に行ったり、
我が家の家族行事を盛り上げてくれました(゙∀゙+)

彼の町から我が家までは車で1時間くらい。決して近いとは言えませんが、
我が家を心配して、父さんの代わりに私達を支えてくれていました。

特に弟は、姉以上に彼の事を好いていました。(いや危ない意味でなく
彼も血も繋がらない幼い弟を、我が子の様に可愛がってくれました。
実際、彼の存在がなければ、
父さんの闘病生活は私達家族に耐えられなかったと思います。

これがブーケ。この後姉の歌って踊れるオタク友人の手に渡りました。

最後に彼と父さんが会ったのは、父さんが亡くなる3週間くらい前だったでしょうか。
父さんは、自分の先が短いことを悟って
キミみたいな人なら安心して娘を預けられる、と結婚のことまで許可していたようです。
父さんの最初で最後のお墨付きまで貰ったのです、もうこの頃から姉も彼も、
結婚する覚悟を決めていたようです。

父さんのお葬式には、彼の姿がありました。
まだ親族じゃないのに、籍も入れていないのに、その場の誰よりも泣いていました。
「僕は何もできなかった」「何もしてあげられなかった」と語っていたそうで、
外見も中身も良い人に見えても、何となく「他人」というイメージで身構えていた私は
本当にこの人は真っ直ぐで、心の優しい、良い人だなぁと思ったのでした。

そして、父さんが亡くなったこの日から
私は彼を身構える事無く、心から受け入れる事ができたのでした。



彼はそんな訳で、顔も中身も素敵な天然記念物並のイイヒトです。

世の中ここまでパーフェクトな人って居るんだなぁと思いました。
しかもそれを自慢したりしない、底抜けに謙虚(゚∀゚+)すげぇ・・・
いや、彼も凄いけど彼をうまく捕まえた姉もすげぇなぁと。
どんなズルイ手を使ったんd あ ごめん カービィ握り潰さないで ヤメテー

そしてちょっと天然入ってる所が可愛らしいです。
以前衝撃を受けたのが、TVに写ったパンダの映像を見ての一言が

「あっ可愛いコアラ」

(+´゚∀゚)-´゚∀゚)´゚ー゚)´・д・)!?

※素です。よくあることだそうです(姉談
そんな彼なので、我が家どころか結婚式までにすっかり我が家の親戚達とも
仲良くなって、打ち解けきってしまいました。
お陰でとってもアットホームで楽しい式になりました(゙∀゙+)

ウエディングケーキ。前後ろから観察してきました。あんな風になってるんだー。

式では演劇部の先輩に会って劇話やポケモン話に華を咲かせたり、
実に10年近く会っていない姉の友人と話したりして懐かしかったです。
結婚式もするのも久しぶりで、もう私が小学校の頃から一切なかったものですから
親戚達もピラッピラの服を着たりキレイな着物を着たり凄い気合の入れよう。
ここ数年お葬式ばかりだったので、皆この日をとても楽しみにしていたのです(゚∀゚+)

恐らく姉と彼とで式場に頼んでおいたのでしょう。
ちゃんと母さんの席の隣りには、父さんの席が用意されていました。
最後の親への手紙も、ちゃんと父さんの分も読んで、そうして姉は旅立っていきました。

姉の手紙には、こんな一文がありました。
「結婚式の手紙タイムで父さんを号泣させるのが私の密かな夢だった」
多分見えないだけで、ちゃんと参加して、ボロッボロ泣いてたんだと思います。
その証拠に、父さんに代わって写真係をやっていた私が式場でとった写真には
不自然な影やシミがいくつも写りこんでました。



でも、泣くような式じゃない、姉も、母も、親戚も、皆が笑顔の式でした。
確かにこれで我が家で暮らすのは母と弟、それに私の3人だけ。
寂しいというよりかなり不安です。これからこの家を守るのは私の役目になります。
非正規社員の私にそれができるのか。

けれど、一生の別れじゃないのです。
父さんやばぁちゃんみたいに、もう会えないわけじゃないです(゚∀゚+)
彼の家は近い訳じゃないですが、遠すぎる事もありませんし、彼は相変わらず
弟を可愛がって、頻繁に遊びに来てくれます。
姉もゲームやら衣服やらどっさり置きっぱなしにして、また帰ってくる気満々です。
だから、私達は大丈夫です。

彼はまさにタカラギコとフサギコを足して2で割ったような人です。

アニサンへ。
「何もできなかった」なんてとんでもないです。貴方は私達全員を支えてくれた。
穏やかな貴方のことです、多分姉の尻に敷かれて大変な目に遭うと思いますが
姉もああ見えて結構いいヤツです。どうか姉をよろしくお願いします。
あまりにもひどく迫害された時には我が家に逃げてきてくださいネ。ウェルカムです。

姉貴へ。
生まれたときから今まで戦いの連続だったなぁ。だって趣味も相性も合わんのだもの。
何回ケンカしても、何回ムカついても、あーもうこの姉UZEEEEとか星の数ほど思っても
それでも気がついたら一緒にゲームしたり、笑ったりしてるんだよね。不思議。
いいケンカ相手で、いい友人で、あんたが私の姉で良かったんだと思うよ。タブンネ。

2人がいつまでも仲良くありますように。

結婚おめでとう(゚∀゚+)




・・・そして、この式で私が手に入れたもの。それは、

扇風機の前で喋ってるあの声になってます。

風邪菌でしたとさ★

過労がたたりました。さっさと直しますorz



クリア後の冒険 はっじまっるよー。

おっくのホワイト記 そのじゅう。

ドラッグして読んでくださいね。


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

タッツーがレベル50を超えてる事がもう衝撃すぎて。

「おれは クリア後特典のすごいつりざおで

 旧作ポケモンを釣っていたと思ったら

 いつのまにか タッツーのハイドロポンプに

 パーティを壊滅させられかけていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 四天王だとかゲーチスだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

クリアした途端に野生もトレーナーも強くなりすぎてアホ毛さん涙目。
野生が普通にハイポンとかほうでんとかガンガン打つんじゃありません!!!

という訳でしばらくライモンシティに引きこもってレベル上げしてました(゚∀゚+;)
スポーツマンの皆さんもありえん程強くなっててびびる。何だあいつら・・・
こちらはレベル53なのに対し向こうは61~68。1人倒すたびにポケモンセンターです。


どうにかレベル60代になって、今までの町を巡り終わり、
旧ポケも結構な数を釣ることができました。
7賢人はあと3人。多分どこかのダンジョンにでも隠れてるんだろうなぁ。

ひとまず7賢人を置いといて、ちょっと遠出してホワイトフォレストまで行ってました。
理由はシフトファクトリーがあるから!これでBWでポケモンバトルが楽しめる!

電気タイプの先輩後輩です。

アイテムなしでも十分戦える子達を6匹と、フィオネをちょっと連れてきました。
この子達でバトルポイントをためてアイテムを集めて、一通りシナリオを全クリしたら
残りの育成済みメンバーを連れて来る予定です(゚∀゚+)
私の育てた子達はアイテム依存率がとても高いので困る・・・

育てたい子は増える一方。急いで全クリ目指します!



新しい世界を歩き出した姉と彼も、
今被災地で救助を待っている人も、
避難所で家に帰る日を待っている人も、
被災地と被災した人の為に頑張っている人も、
みんなみんな、幸せになってね。

そう願う一週間でした。


あっ、募金サイトへのリンクは許可なく転載してくださって大丈夫ですよ!
こういう事は沢山の人がやるほど効果がありますし、是非よろしくお願いしますー。

COMMENT

POST COMMENT


トレーナーメモ

おっく ♀ Lv.9
のんきな性格。
1989年7月12日
シンオウ地方で
Lv.2のときに
出会った。
おっちょこちょい。

いままで

さがす

↑