◆ぴょん。

2010.08.03(Tue)

相変わらず微熱なおっくです(゚∀゚+;)なぜ下がらぬ
ですがもう薬は飲んでないです。他の症状もないので、
このまま自然消滅を待ってみます。

ひょんな事から、先日我が家に新しい生き物がやってきまして。
それがこちら。

ぴょん。セーブはできないカエルです。

けろけろ(゚∀゚+)

多分アマガエル・・・だと思われます。大きさは3センチ位。
母のパート先でブロッコリーの上から発見され、駆除されそうだった所を
救出して持って帰ってきて一言
(+゚ー゚)<お前にこれをあげようw

しかし過去に私はオタマジャクシから育てたカエルを
生餌を上手く食べさせられずに飢え死にさせてしまった経験アリで・・・

また可愛そうな目にあわせるなんてできませんorz
そこで色々調べてみました。

飼育ケース越しに撮ったのでちとボケてます。

すると、どうやら上手く懐けばイモリ同様
カメのエサを食べてくれるらしいです。

それなら生餌じゃなくてもいいし、まっさんとエサを共用できます。
別に生餌の為の虫をいじるのは怖くないんですけど・・・
私虫も結構好きで、あんまり殺生はしたくなくて。たとえハエやガでも。

なので、人工餌を食べてくれるようであれば飼うことに、
生餌しか食べられないようであれば秋頃森に帰すことにします。

ちなみに生餌は食べてくれました、飢え死にすることはなさそうで(゙∀゙+)
さてさて、どうなることやら。



ちなみに、このカエル「ガマ王子」って呼ばれてます。
♂か♀かも分からないのに、そもそもアマガエルなのに。
分かる人には分かるかもしれないですね。

「あたし、パコ。おじさんは?おじさんの、名前は?」

映画「パコと魔法の絵本」が我が家で大ブームで。
前から興味はあったのですが、この度DVDを購入し家族で鑑賞会しました。

・・・イイハナシダナー(;∀;+)

泣いて笑って、スッキリするお話です。ホントに可愛い映画。
舞台がモトになっているからか、何となく演劇っぽいのもツボりました。
子供みたいな大人達がちょっぴり団結してちょっぴり成長する物語。
私が今まで見てきた映画作品の中で、上位に入りました。
見て損しない作品だと思ってます、見かけたら是非ドウゾ。


隅に見えるのは懐かしのSFCコントローラーです。現役。

ちなみに、新しく生き物を飼うときは先住の生き物達が嫉妬しやすいので
平等に構ってやることが大切です。うにゃうにゃ。



Flashの状況ですが、ちょっと匿名質問が停滞してる状態です。
色々掛け持ちしている作品があるんですけども、
つい先日

初めてネット上でお仕事依頼がきたからですヽ(゚∀゚+)ノ

ゲーム内の絵を描いてくれないかと。もう光栄すぎて鼻血出そうです(怪
そんな訳でやる夫スレの連中をガリガリ描いておりました。

やる夫が結構可愛く見えてきたこの頃です。




こんな感じ。
ゲームが公開になったらまた詳しくお伝えしますー。






ポケスロン頑張ってみました!
最後の部屋までたどり着き、現在のスコアがこちら。

かのうせいがひどいwリングアウトはトロフィとったんだけどなぁ。

うーんまだまだですなぁorz
全部コンプリートは難しそうですが、それでもまだ伸ばせる気がするので
もうちょっと頑張ってきます。

おっとっと。こうして見るとホントにすごい色ですね。

ちなみに気分転換にさっちを育てたりしてました。
進化はさせません、あえてコケ色ラッキーのままです(゚∀゚+)



ライバルっぽいのが出てきましたよ。
本日のピクっちゃん。

テリー、通称ドランゴ引換券。

しあわせの国ってどう考えても怪しいです。さてどうする。



余談ですがとうとう医師から働いてOkが出ました(゙∀゙+)ヤッター
ただ正社員はダメ。まずはバイト、できれば少なめの量から、
少しずつ挑戦しなさいとの事で。
しかし8月はお盆だったり父の1周忌だったりで忙しいので待てと
母に止められたのでした。がっくりorz


つづきでお返事ですー。久々に。

KONPON!の感想ありがとうございますー(゚∀゚+)
シリーズ化を望まれるコメントなんかもあってびっくりしました、
たった30秒モノなのにここまでウケるとは!
続編、余裕ができたら考えてみますねー。

蒼青様>

おや?非公開コメントは入っていないようですし、
メールの着信もありませんでした・・・送信ミスか、投稿ミスでしょうか?
ブログで非公開コメントにする時は、ナイショにチェックを入れてから
忘れずに「送信」してくださいね。

COMMENT

POST COMMENT


トレーナーメモ

おっく ♀ Lv.9
のんきな性格。
1989年7月12日
シンオウ地方で
Lv.2のときに
出会った。
おっちょこちょい。

いままで

さがす

↑