ほっとけない

2009.10.06(Tue)

すいません。
いつもは週末にまとめてブログを更新してるのですがちょっと書きます。
しかも特定の方へのお返事だけです。
どうしてもほっとけないコメントが入っていたので・・・

非公開の、ガンの方。
つづきをクリックしてください。
非公開のガンの方>

できれば、ご両親にもこのコメントを見ていただきたいです。
まだここを見られるだけの体力が残っていると願って
お返事します。

辛いでしょうね、痛いでしょうね、苦しいでしょうね。
私の父は愚痴も苦痛も、何一つこぼしませんでしたが
きっと我々には想像できない辛さなのでしょう。
ごめんなさい。こうして文章で励ますことしかできなくて。
もしアナタが近所の病院に入院しているのなら、
会って直接お話がしたかった。

私から「諦めるな、生きろ」と言ったりはしません。
私のワガママでアナタを苦しめる訳にはいきません。
ただ、まだ頑張れるようなら、頑張ってみてください。
私がネット上でできる事で、アナタが少しでも希望を取り戻せるなら、
やります。イラストリクエストでも、チャットでも、メッセでも。

もし、もう疲れちゃったなら。もう頑張れないな、と思ったら。
早めにご両親に伝えて、親戚の方々やお友達、
お世話になった方々に会っておいてください。
そして、忘れないでください。みんなの事を。

ほんの2、3回のコメントだけのお付き合いでしたが、
文面から想像するに、アナタはとても心の優しい、ステキな人です。
どうか助かって欲しいです。いつか限界が来るとしても、
少しでも長くこの世に居て欲しい。
ちょっと仏壇と神棚に祈ってきます。


ここからはご両親に見て頂きたいです。

お子様の日々の看病、お疲れ様です。
おっくねっと。の管理人、おっくと申します。
さぞお辛いと思います。ご心中お察し致します。

お子様のワガママを聞いてあげられるのは今だけです。
できる限り、夢を叶えてあげてください。
そして、どんなに状態が悪化しても、意識は残りますから
そばにいて、話しかけ続けてください。

どの程度の進行状況かは分かりませんが、
まだ抗ガン剤等を使用しており、状態が思わしくない場合は
お子様本人に、治療を続けるか緩和治療に切り替えるか
尋ねて、お子様の望んだ通りにしてあげてください。

私のような若造が口を出して申し訳御座いません、
お子様のコメントを見た瞬間に、お返事せずには居られませんでした。

少しでも長く、お子様と共に過ごせますよう
北海道の隅からお祈りしております。

COMMENT

POST COMMENT


トレーナーメモ

おっく ♀ Lv.9
のんきな性格。
1989年7月12日
シンオウ地方で
Lv.2のときに
出会った。
おっちょこちょい。

いままで

さがす

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。